マリンケアプログラム

生物学的立ち上げとコケの抑制

Marine Care Program

 

マリンケアプログラム(MCP)は包括的かつ一歩ずつ着実に進めるプログラムで、コケのコントロールを含む生物学的な水槽の熟成(立ち上げ)を確実に達成します。

 

レッドシーのマリンケアプログラム(MCP)は約21日間で最もデリケートなサンゴであるSPS(Small polyp stony)サンゴでさえも飼育可能な水質にします。

 

 

 

マリンケアプログラム(MCP)には全ての海水水槽の立ち上げプロセスに必要となる添加剤と、それを補完する正確なテストキットが用意されています。ここでコントロールされる水質条件はソフトコーラル水槽や魚のみの飼育水槽にも最適です。

 

ほとんどの硝化サイクル関連の製品は有毒な有機物を硝酸塩に変換するバクテリアを提供するだけです。しかし、レッドシーのマリンケアプログラム(MCP)は嫌気性細菌(脱窒細菌やリン酸蓄積細菌)のコロニー増殖を確立し、底砂やライブロックに見られる微生物や石灰藻の成長を促進させ生物学的熟成プロセスを完成させます。

 

マリンケアプログラム(MCP)には、立ち上げから21日間のステップを詳細にガイドする説明書がございます。説明書には添加剤の投与量と回数、水質テストのタイミングと予想結果、水換えのタイミング、生体の導入時期など作業内容の説明がなされています。

 

マリンケアプログラム(MCP)は全てのレベルの愛好家に満足できる結果をお約束いたします。また、レッドシーの コンプリートリーフケアプログラム への移行の準備を整えることもできます。

レッドシーのリーフケアプログラムについては弊社のYoutubeチャンネルをご参照下さい >>


マリンケアの立ち上げサイクル

グラフはレッドシーのマリンケアプログラムを用いた立ち上げサイクル期間の典型的な各パラメーターの変化を表しています。

 

MCP_JP