リーフアクアリウムでの基礎成分の重要性
レッドシー リーフファンデーションプログラム
// Published: 26.02.2014

 

リーフアクアリウムでの基礎成分の重要性

red sea reef Foundation program-elements- Foundation-Blog-Sharon

コーラルリーフアクアリウムシステムを成功させるには、主要、中間、微量元素がサンゴに必要とされる濃度で安定・維持しているかが重要となります。多くの元素が理想的な水質の維持に重要な役割を持っていますが、その中の幾つかは、リーフアクアリウムの全体的な安定に特に重要な役割を果たしています。それらは、リーフ環境の「基礎」を担う3大成分、カルシウム(Ca-2)、マグネシウム(Mg-2)、重炭酸塩(HCO3-2)です。これら3つの成分は海水の化学的性質(pHの安定・アルカリ度・海水のイオン強度)やサンゴにおける多くの生物学的プロセス(骨格の形成・イオン交換・光合成)に大きく影響を与えます。


 

骨格形成

サンゴは骨格形成と呼ばれるユニークなプロセスで自分の骨格を作ります。このプロセスでサンゴの軟部組織内の特別な細胞の層は、この3つの基礎成分(カルシウム、マグネシウム、重炭酸塩)と他の成分(ストロンチウム、バリウム)を「石灰化センター」と呼ばれる炭酸塩の網状組織(アラゴナイト)が形成される特別なエリアへ輸送、分泌、濃縮します。

 

738X200-Skeletogenesis

 

 

イオンの移送は海水中と石灰化センターの両方から複数の経路を通り行き来しているため、このプロセスは非常に複雑です。細胞膜をただ通る受動的拡散のように、幾つかの経路は受動的ですが、他のプロセスは、膜の「ポンプ」や運搬タンパク質による能動的拡散のように、より活動的でエネルギッシュな方法が必要となります。これは、サンゴに大量のエネルギーを必要とします。イオンのコンスタントな交換が骨格形成には必要となります。そうでないと、サンゴは安定的で健康的な骨格を作ることができません。石灰化センターでは重炭酸塩とカルシウムが凝結し、炭酸カルシウム(CaCO3‐アラゴナイト)となります。プロセスの間、たくさんの陽子(H)が放出されますが、サンゴの細胞にポンプバックされるので、pHは9.8〜10.3と高く維持されています。この高いpHCaCO3の凝結を可能としていますが、ここでpHが高くなかった場合、サンゴの骨格は溶け始めてしまいます。


では、リーフファンデーションプログラムはサンゴの骨格形成をどのようにサポートしているでしょうか?

自然界のサンゴ礁では、サンゴの成長や健康、色彩を生み出す成分は事実上無尽蔵に供給されます。しかし、リーフアクアリウムではこれらの成分は急速に消費され、サンゴの成長に対する制限要素になります。もし、定期的に測定や補給が行われていない場合、それらの成分はサンゴに致命的なレベルまで落ち込むでしょう。よって、基礎成分の濃度のモニタリングや調整は、安定的で力強いサンゴの成長促進、または、色彩の向上のための水質を実現するために必要不可欠です。レッドシーのファンデーションプログラムでは、飼育水のイオンバランスを崩すことなく、長期的に相互補完するよう調剤された、最適でバランスの取れた添加剤により、リーフアクアリウムの基礎成分の維持と補給を完璧に行うことができます。 詳しくはリーフファンデーションプログラムの商品ページをご参照下さい。≫

 

Watch our video and learn more:

 

レッドシーのYou-Tubeチャンネルはこちら≫


レッドシー リーフファンデーションA

リーフファンデーションAにはカルシウム、ストロンチウム、バリウムが高濃度かつバランス良く配合されています。これら3つの元素はアラゴナイトのサンゴの骨格の生成に必要不可欠です。主要元素のCaは重炭酸塩との結合に利用され、SrとBaは骨格の奥の古い部分で代用の元素として働いているのが見られます。

 

 

 

ストロンチウムとバリウムは2つの重要な役割を持ちます:

  1. カルシウムの代用‐サンゴはカルシウムを骨格の備蓄分から新しい石灰化センターに移送しCaとSrやBaを交換します。
  2. CaCO3から弱いカルサイトよりも強固なアラゴナイトの骨格の生成を促進します。

レッドシーの研究では、これらの元素が正確にバランスのとれた比率を維持することが、サンゴの活動に必要不可欠で、特定のCa/St/Ba経路とタンパク質輸送だけが軟部組織の通過を可能とします。よって、バランスの取れていない濃度は、生物学的な活動の妨げになります。よって、リーフファンデーションAはこれら全ての元素が、水中およびサンゴの骨格内の適正なCa:St:Ba濃度を維持するために、それぞれ正確な比率で配合されています。さらに、研究により、StとBaの消費はCaの消費に関連しているので、これら2つの元素の安全な補給は(StとBaの濃度を測定することが無く)カルシウムの正確な測定と添加により行えることが分かりました。  リーフファンデーションAについて>>

 


レッドシー リーフファンデーションB

リーフファンデーションBは水中の重炭酸塩および炭酸塩を補給します。リーフファンデーションBを使用することで、石灰化と石灰化センターの高いpHを維持するために必要不可欠な炭酸アルカリ度を高めます。総合アルカリ度はホウ素や硫酸塩、リン酸塩により影響を受けるので、炭酸アルカリ度を補給することは、総合アルカリ度よりむしろ重要です。  リーフファンデーションBについて >>


レッドシー リーフファンデーションC

リーフファンデーションCは水中のマグネシウムを補給します。Mgは海水の主要元素の一つで、サンゴの骨格に数パーセント(13%)が含まれており、カルサイトよりアラゴナイトの形成を促進する重要な役割を担っています。適正でないCa:Mgの比率は弱くてもろいカルサイトを形成させる原因となります。また、リザーバーとしてのMgCO3からの供給を通して、Mgは水中の自然発生的なCaCO3の沈殿をコントロールし防ぐことで、安定した炭酸アルカリ度の維持に重要な役割を持っています。

レッドシーのリーフファンデーションプログラムを実行することで、基礎成分の必要とされる濃度を維持することができます。その濃度を保つことで、基礎成分の受動的な吸収を高めサンゴの骨格形成の促進に最適な環境を提供しながら、石灰化センターへの元素の汲み上げに必要であったエネルギー需要も減少させることができます。  リーフファンデーションCについて >>

 

その結果、より強く、より健康に、そしてよりカラフルなサンゴに。

/assets/js/swipe.js">-->