NO3:PO4-Xと他のコケの栄養素の減少方法との比較:

 

減少の方法
NO3の減少
PO4の減少
減少のコントロール
必須設備
NO3: PO4-X
Yes
Yes
Yes
プロテインスキマー
テクニカルコメント

研究の結果生み出され実証された製品です。NO3とPO4のバランスを崩さずコントロールしながら長期的に減少させるための必要な全ての成分が含まれています。リアクターや交換メディアを必要としません。NOPOX複合剤に含まれるそれぞれの炭素は、それぞれ異なった微生物種に活用されます。同時に、他の有機結合元素がしっかりとバクテリアの繁殖を促進し、硝酸塩を窒素ガスまで変換する完全な硝酸塩減少とバクテリアによるリン酸塩の吸収と利用を確実に行います。硝酸塩とリン酸塩のレベルの精密なコントロールは、水質をモニターしながらNO3:PO4-Xを添加することで行います。これで、栄養塩のレベルを徐々に変化させながら、正確に維持することが可能となります。また、サンゴのUVショックや飢餓を引き起こす、褐虫藻密度の破たんを防ぎます。

VSV
(ウォッカ + 砂糖 + 酢)
Yes
Yes
Yes
プロテインスキマー
テクニカルコメント
NO3とPO4の急激な減少が可能です。しかし長期的には、必須元素が不足すると効果が弱まり、バクテリアバランスの崩壊に至る可能性があります。
システムはサンゴと魚に有毒な硫化水素(H2S)を発生する可能性があります。
ウォッカまたはエタノール Yes No No プロテインスキマー
テクニカルコメント

NO3は急激に減少しますがPO4は減少しません。追加的なPO4減少策と組み合わせなければN:P比率が壊れシアノバクテリアの大発生に繋がります。長期的には、必須元素が不足すると効果が弱まり、バクテリアバランスの崩壊に至る可能性があります。

システムはサンゴと魚に有毒な硫化水素(H2S)を発生する可能性があります。

デナイトレーター Yes No No 反硝化リアクター
テクニカルコメント

NO3は急激に減少しますがPO4は減少しません。追加的なPO4減少策と組み合わせなければN:P比率が壊れシアノバクテリアの大発生に繋がります。

カーボンシステム:本質的に不安定で調整が難しいです。

システムはサンゴと魚に有毒な硫化水素(H2S)を発生する可能性があります。

長期的には、必須元素が不足すると効果が弱まり、バクテリアバランスの崩壊に至る可能性があります。

サルファーシステム:比較的メンテナンスが容易ですが、詰まりやすく突然のpH低下の原因となります。

PO4 吸着剤 NO Yes No メディアリアクター
テクニカルコメント

急激ですがコントロールされていないNO3/PO4の減少で、サンゴにストレスを与えます。

ゼオライトや水酸化鉄のイオン交換材といった製品の中には好ましくない陽イオンを放出するものもあります。

また、低品質の製品も好ましくない金属(アルミニウム、鉄)を放出します。

リフジウム Yes Yes No リフジウム
 テクニカルコメント

メンテナンスは楽ですが、NO3/PO4減少は遅くコントロールされていません。サンゴ水槽内で発生した全ての栄養塩を効率良く処理するには、リフジウムのサイズを本水槽に近い大きさにする必要があります。小さいリフジウムは、他のメソッドとの併用が可能です。

生息する藻類が崩壊した場合はアレロケミカル(サンゴに有害)がシステムに放出されます。