コーラルプロソルト

サンゴの成長促進のために各成分が最適な比率と濃度で構成されています

 

 

 

 

 

レッドシーコーラルプロソルトにはサンゴの成長を持続、促進するのに必要とされる基礎成分(カルシウム・マグネシウム・炭酸塩)が高いレベルかつ生物学的にバランス良く含まれています。

 

コーラルプロソルトはリーフアクアリウム、特にLPSとSPSサンゴの飼育やコーラルフラグ(小片サンゴ)の育成に最適です。

 


 

  • 清浄な紅海の海水から自然で環境にやさしい製法により製造
  • 生物学的にバランスのとれた基礎成分濃度
  • 全ての微量元素を含有
  • 最少10リッター分からでも同じ成分内容
  • (コケの栄養となる)硝酸塩とリン酸塩は含まれていません
  • 有害となる濃度の重金属は含まれていません
  • 化学結合剤は含まれていません
  • よく乾燥されています

 

レッドシーコーラルプロソルトの推奨使用量:

水槽タイプ
塩分濃度
アルカリニティ (dKH)
Ca (mg/l)
Mg (mg/l)
K (mg/l)
溶解量
ミックスドリーフ
34 ppt
11 – 12
435  – 465
1310 – 1390
375  – 405
37.1 g/l
SPS フラグ
35 ppt
11.5 – 12.5
450  – 480
1350 – 1430
385 – 415
38.2 g/l

 

各パラメーターは乾燥した人工海水をRO水に溶かしたときの値です。

レッドシーソルトでpH8.2-8.5の安定した海水を作れます。


 

コーラルプロソルト-基礎成分の バランスが重要です

 

レッドシーコーラルプロソルトにはサンゴの成長を持続、促進するのに必要とされる基礎成分(カルシウム・マグネシウム・炭酸塩)が高いレベルかつ生物学的にバランス良く含まれています。コーラルプロソルトはリーフアクアリウム、特にLPSとSPSサンゴの飼育やコーラルフラグ(小片サンゴ)の育成に最適です。

 

自然の海水には70種を超える化学的元素が含まれており、その大部分の元素は水質に影響を与えます。その中のいくつかは全体の化学的安定に重要な役割を果たしています。

 

サンゴ礁のような環境下での基礎的な成分である元素はカルシウム・マグネシウム・重炭酸塩の3種類です。これらの3種類の基礎成分は海水の化学的性質(pHの安定・アルカリ度・海水のイオン強度)やサンゴにおける多くの生物学的プロセス(骨格の形成・イオン交換・光合成)に大きく影響を与えます。

 

基礎成分の膨大な貯蔵量を持つ自然環境とは異なり、閉鎖された環境であるリーフアクアリウムではそれら成分の量は限られているため、飼育している生物によって急速に消費されます。よって、サンゴの成長維持のために、基礎成分の濃度は自然界より高めにしておく必要があります。

 

レッドシーの研究所が独自に行った調査によると、閉鎖された水槽環境では基礎成分であるカルシウム・マグネシウム・炭酸塩(アルカリ成分)の特定の比率がサンゴの活性と丈夫なアラゴナイトの骨格の形成に重要であることが分かりました。特に基礎成分を自然界の濃度より引き上げるときに、この比率を維持することが大切です。

 

この理想的な比率に沿って製造されているレッドシーのコーラルプロソルトを使用することにより、換水後に基礎成分の濃度を調整する手間が省け、サンゴの飼育を上手に行うことができます。


 

Visit Red Sea YouTube channel  >> 

 

 

 

コーラルプロソルトには下記のサイズがあります:

Ÿ7㎏バケツ入り/210L用

22Kgバケツ入り/660L用